ボック

1. ボックって、どんな味?

高アルコールが特徴で、アルコール分は6.0~6.5%あります。コクがありホップの香りも芳醇です。元は濃色ビールでしたが、今は淡色ビールが多くなっています。

2. ボックの歴史(どこで造られ始めた?)

ボックはドイツ北部の都市、アインベックが発祥です。14~15世紀ごろに造られていたとされています。その後バイエルン地方で発展しました。

名前の由来は、故郷のアインベックが訛って「ボック」になったと言われる説や、飲んだ人が「若い雄ヤギのように元気になる」からということから、ドイツ語: Bock(雄ヤギ)からその名が付いたと言われる説があります。そのため、ボックのラベルにはヤギが描かれているものが多くなっています。

ヤギ

3. ボックの作り方

アインベックで造られていた当時のボックは、上面発酵によるエールビールでした。

しかし、ミュンヘンで造られるようになると、当時人気だったラガー酵母を使って下面発酵で造られるようになり、上面発酵から下面発酵へと製造方法が変わっていきました。

4. ボックの仲間

トラディショナル・ボック

色合いは濃い銅色から濃い茶色のビールで、17世紀ごろにミュンヘンなどで造られていた伝統的なスタイルのビールです。ホップの主張は非常に低く、重厚なモルトの風味が香るビールです。

ヴァイツェン・ボック

ヴァイツェン・ボックは、小麦(Weizen)を主原料として使ったボックで、色合いは金色〜ダークブラウンで酵母を含むので濁っています。アルコール度数は6.9~9.3%程度で、ヴァイツェンのような甘い果実香とボックの強いコクが特徴のビールです。

ボック

へレス・ボック(マイボック)

トラディショナル・ボックより淡色で、明るい麦わら色から濃い黄金色までの色合いのビールです。「ヘレス (Helles) 」はドイツ語で「(色が)明るい、淡い、薄い」を意味します。

ドッペル・ボック

「ドッペル」とはドイツ語で「ダブル」の意味で、アルコール度数も8.0~11%と高めです。

もともとドッペル・ボックを造ったのは、ミュンヘンのミニモ修道院の修道士たちと言われています。断食中の貴重な栄養源として飲まれていたという歴史があります。

アイスボック

「ドッペルボック」を凍らせ氷を取り除くことでアルコールを凝縮させ、さらにアルコール度数を高めたビールです。色合いは濃い銅色〜黒色の濃色で、アルコール度数は8.6~14%と高アルコールです。

ブラウンエールブラウンエール

ベルジャンホワイト

関連記事

  1. ラガー

    ラガー

    1. ラガーってどんな味?ラガービールは、一般的に爽快で飲みやすいのが特…

  2. スコッチエール

    1. どんな味?ホップの苦味が抑えられていて、モルトの甘みやフレーバーが…

  3. alt

    アルト

    1. アルトはどんな味?ホップの苦味に関しては、デュッセルドルフで飲まれ…

  4. セゾン

    セゾン

    1. セゾンはどんな味?フルーティで、ホップ、ハーブ、スパイス、ときには…

  5. Pilsner Urquell Breweryのピルスナー

    ピルスナー

    1. ピルスナーってどんな味?日本で最も飲まれているビール、それがピルス…

  6. フルーツビア

    フルーツビールとは、その名の通りフルーツを混ぜ合わせたビールです。その作…

  7. ヘレス

    ヘレス

    1. ヘレスって、どんな味?「ヘレス (Helles) 」とは、ドイツ語…

  8. ヴァイツェン

    1. どんな味?豊かな泡立ちとフルーティーなバナナのような香りがするビー…

最近の記事

  1. ポーター
  2. セッションIPA
  3. スウィートスタウト
PAGE TOP